マルク・ジャンプルケンの『レッド・マウンテン』は、人生の目標を1つの山に見立てて書かれた作品で、連続して演奏される3楽章から構成される。

『エネルギッシュで戦闘的な第1楽章の動きが、新しいプロジェクトの始まりに込めた熱意を象徴するかもしれない。しかし、第2楽章の動きは、かなり対照的だ。ここでは、ユーフォニアムとアルト・サクソフォンの対話が、聴衆を穏やかで感情のこもった賛歌へと導かれ、伴奏部全体が声を伴う。火がついたように明るさに満ちる最終楽章は、エネルギーにあふれ、多彩なパーカッションに支えられるフィナーレの大きなコラールがコントラストを伴ったオスティナートとなり、我々を山の頂上へと導いていく。』とは、本人のコメントだ。

ジャンプルケンは、スイスの作曲家。今(2019年)ヨーロッパでもっとも注目される1人だ!


・出版社グレード
:4
・作曲:マルク・ジャンプルケン (Marc Jeanbourquin)
・TIME:9分20秒
・出版:ミトロパ・ミュージック (Mitropa Music)
・分類:販売譜(フルスコア&パート譜セット)



■アインシュタイン/名古屋芸術大学WO

Piccolo
Flutes (I、II)
Oboe
Bassoon

Eb Clarinet
Bb Clarinets(I <div.>、II、III)
Eb Alto Clarinet
Bb Bass Clarinet

Eb Alto Saxophones(I、II)
Bb Tenor Saxophone
Eb Baritone Saxophone

Bb Trumpets (I、II、III)
F Horns (I、II、III、IV)
Trombones (I、II、III)
Euphoniums <div.>
Tubas(I、II)

String Bass

Timpani

Mallet Percussion
(Xylophone、Glockenspiel、Marimba、Tubular Bells)

Percussion
(Bass Drum、Toms、Clash Cymbals、Suspended Cymbal、Tam-tam、Tambourine、Wind Chimes、Djembe)

次へ

前へ