真言宗用の正式な数珠(本連数珠)です。
よく『108個の玉の数珠』と言われますが、それは主玉のことで弟子玉(房のところに有ります玉)や親玉など、その他のパーツの合計は108個よりもずっと多くなります。
この数珠では全てのパーツを透明の水晶で揃えまして、シンプルな仕立てです。
尺2のサイズは男性に多いサイズですが、女性が用いられましても構いません。
房は丈夫な利休房で、色は『茶色』です。
透明の玉ですので通してあります中糸も房と同系色で揃えました。
黒い背景は電球照明、白い背景は蛍光灯照明での撮影です。

ピンと張った場合の
親玉から親玉までの長さ
主玉直径 親玉直径 重さ 備考
約38cm 約7.4mm 約13.9mm 正絹利休房 約81g 桐箱入り

真言宗のお数珠の玉数や配置、各部の名称などをご覧ください。

【この数珠を修理する場合のページのご案内】↓
中糸(環の部分に通してある糸)
が切れた場合

(数珠修理)
中糸通しのみ尺2までサイズ
房部分を破損した場合
(親玉から先、弟子玉が通してある部分など)

(数珠修理)
真言宗本連利休房 尺2


【おすすめ数珠入れ】
横長数珠入れ 経本数珠入れ
ハーフサイズ
経本数珠入れ
フルサイズ

次へ

前へ