森守洋プロ 待望のDVD第2弾!
まさか、「フェース」以外にもローテーションがあったなんて…!

多くのトッププロのツアーコーチを務める森プロは、こう言います。

「飛んで曲がらない球を何度でも気持ち良く打ちたいと思うなら、大事なローテーションが2つあります。」
「1つめがフェースローテーション。これは、ロフトどおりの飛距離を出すために必要です。」

「そして、もう1つのローテーション。」
「これが加わると、ダフリやトップなどのエラーが簡単に解消できるだけでなく、
『グン、グーン』ともう一段階伸びるボールが打てるようになるんです。」


今回のDVDで初めて明らかにされた、もう1つのローテーション。

それが、「肘下のローテーション」です。

森プロは、フェースだけでなく、肘下も「回りたがっている」と言います。

実は、回りたがっているものを無理やり力で押さえ込み、
コントロールしようとすることが、ダフりトップ、スライスなどのエラーの原因なのです。

大事なことは、「回りたがっている」フェースと肘下を自然に回転させてあげること。

このDVDには、今まで語られることのなかった、

・肘下のローテーション
・フェースのローテーション
・9割のゴルファーが知らないゴルフクラブの特性
・ダフりトップ、スライスなど「エラーのメカニズム」

など、目からウロコの理論がぎっしりと収録されています。

次へ

前へ

卸売 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、道具の扱い方を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~ 【ゴルフ】森-ゴルフ