ゲインリダクション回路はインプットトランスのすぐ後に位置しており、サイドチェインアンプでコントロールされた2つのタイムコントロール回路(アタックとリリース)が含まれています。 2つのタイムコントロール(アタックとリリース)回路は、セパレート(Manual or Fix)もしくはコンビネーション(Manual/Fix)として使用できます。この回路の全体的な制御は、セミコンダクターオペアンプで行なっています。またレシオのツマミは、連続可変がスムーズなノンクリックタイプを採用しています。これにより、規定値の圧縮比率に束縛されない自由なセッティングをすることができ、楽器やボーカルに合った微調整が可能となります。

出力段には真空管式のプッシュ-プルアンプを採用しており、-∞〜+30dBmまでゲインを可変できます。フロントパネルには、3ポジション(Off, Bus1, Bus2)の切り替えができる「Bus-selector」スイッチがあり、複数台のCL1Bをリンク(最高10台まで)する時に使用します。インプットとアウトプットは静電シールドつきトランスを使用し、完全バランス、フローティング仕様となっています。

□主な特徴
・ゲインリダクション回路:動作歪の少ない、オプティカル素子を使用
・アンプ:真空管式プッシュ-プルアンプ搭載
・つまみ:連続可変がスムーズなアタックとリリースツマミ(MANUAL, FIX/MANUAL, FIX選択可能)
・ゲインレンジ:-∞〜+30dBm
・レシオ: 2:1〜10:1
・レッショルド: +20dB〜-40dB
・周波数特性:5Hz〜25kHz(-3dB)
・クリックノイズを発生しないCompのIn/Out Key搭載

次へ

前へ