Vincent Bach
1890年、ウイーンで生まれたヴィンセント・シュローテンバッハ(Vincent Schrotenbach)は壮麗なサウンドに惹かれてトランペットの演奏を始めます。
ヴィンセントはまた、技術の才に長け、機械工学の学位を習得しますが、将来を約束されたエンジニアとしての道ではなく音楽家としての道を進みました。英語読みの芸名「ヴィンセント・バック」として、ヨーロッパ各国でリサイタルを行い優れたソリストとして名声を高めました。

第一次世界大戦を契機としてアメリカに渡り、ボストン交響楽団、メトロポリタン歌劇場管弦楽団の第一トランペット奏者として活躍ストラビンスキーの火の鳥やペトルーシュカのアメリカ初演も行います。演奏活動を続けているうちに、マウスピースの重要性を痛感し、高品質のマウスピース製作への情熱に目覚めたヴィンセントはニューヨークのセルマー・ミュージックストアの裏に工房を作り、マウスピースの改造と製作を始め、研究に明け暮れます。

そして1918年に、本格的にマウスピース製作を始め、バック最初のトランペットは、1924年に生まれました。
演奏家は、これはまさに、トランペットにおけるストラディバリウスだ、と評しました。バック・ストラディバリウスモデルの誕生です。

そしてヴィンセントが70歳を迎えた1961年、自分のコンセプトを後生に伝えるために、多数の高額なオファーを断りバックの工場を以前から親交の深かったセルマーUSA社(現コーン・セルマー社)に委ねました。
1976年に亡くなるまで、ヴィンセントはバックの楽器デザインと製造に密接に関わり続け将来創りたかった楽器にまで及ぶ数千枚の詳細な設計図とマニュアルを遺しました。現在に至るまで、バックは最高の金管楽器として、世界中のあらゆるプレーヤーに愛され続けています。

Artisan Collection
Artisan Collection「どの楽器より情熱、信頼、そして敬意を抱かしてくれるバック・ストラディバリウス。比類なき音色、バランスよい反応、そしてずば抜けた音の遠達性はバックの優れた特徴です。そしていま、創造者ヴィンセント・バック氏の意匠と鍛え抜かれたバックの名匠たちの技術を継承したアルティザン~匠~コレクションを、現在の皆様に誇りを持って発表致します。
「アルティザン=バック氏」による伝統的な設計と優美な外観を持ち、現在の「アルティザン=バック社職人」により入念に手作りされた、歴史と現在が見事に融合したファン待望のコレクション誕生であり、バックならではの素晴らしいサウンドが新たに誕生しました。

特殊な音響処理が施されたフラットリムのイエローブラス製ハンドハンマード・ワンピースベル、ニッケル/真鍮2ピース構造のバルブ・ケーシング、モネルメタルピストン、バルブガイドには真鍮とプラスティックがセット、クラシカルでふくよかなデザインの接合部金環、1番スライドは「スピリット・リング」状の指かけ、専用の製造番号、豪華な彫刻等々、数々の「往事の新しいデザイン」が施されています。またB♭管においては、第3ストップロッドにロングタイプを採用し、“カルメン”や“英雄の生涯”、各種編曲作品で演奏が困難だった低音E♭に対応します。
そしてすべてのモデルが、エレガントでクラシカルなデザイン、かつ最新のアイデアと技術を融合させたスペシャルケースに納められています。



*写真はイメージとなります。マウスピースの付属はございません。

次へ

前へ